by

大量のコンテンツを安全に、低価格で管理するためのAmazonS3×アルフレスコ連携ソリューション 3-2

Alfresco最新情報

SUMMARY

  • Amazon S3は、スケーラビリティが高く、堅牢で、セキュアである
  • Amazon S3は、ストレージ費用は低価格だが、別途、利用料金が課金される
  • Amazon S3を活用する場合は、料金体系を理解した上で賢く利用する

 

大量のコンテンツ、クリティカルなデジタルデータを管理するソリューションとして、Amazon S3とアルフレスコの連携をご提案します。世界でいちばん売れているオープンソースECMアルフレスコと、AWSが提供するオンラインストレージAmazon S3を連携させることで、「安全で」「低価格な」文書管理が実現します。

Alfrescoについてもっと知りたい方は、こちらへ

 

スケーラビリティが高く、信頼性、堅牢性ともに優れたAmazon S3、唯一の落とし穴とは?

Amazon Web Services (AWS)が提供するオンラインストレージ、Amazon S3の特長について少し掘り下げてみましょう。

-スケーラビリティが高い

容量やオブジェクト数の制限がありません。

※アップロード可能な1オブジェクトの大きさは最大で5GBまでとなります。

-信頼性、堅牢性が高い

S3領域の複数の機器に対する冗長構成によって、99.999999999%(イレブンナイン)の耐久性を実現します。可用性は、99.99%あります。

-セキュアである

デフォルトで、セキュリティが保護されています。

詳細なアクセス制御が可能で、パケットとオブジェクトの所有者のみが、Amazon S3 のリソースへアクセスすることができます。

料金体系にも特長があり、「容量無制限のストレージを1GBあたり約10円という低価格で利用できる」と謳っているものの、次の3つのポイントで、別途、費用が発生します。

-実際に使用したストレージ費用

-実際にS3に入れたコンテンツに対してダウンロードなどのリクエストを出したときに発生する費用

-データを取り出すときに発生するデータ転送費用

Amazon S3は、料金体系を踏まえて、スマートな活用する

引き続き、Amazon S3のメリットとデメリットを考えてみます。

■Amazon S3メリット

-利用量は無制限である

-耐久性、可用性が高い

-オンプレミスよりも、初期投資が少なくて済む

-オンプレミスよりも、管理面のコストがかからない

-スタートアップ、乗り換えが容易である

■Amazon S3デメリット

-従量課金のため、費用の全体像がつかみにくい

-リソースをAWSに依存している

-AWS特有の操作や仕組みを覚えるまでに時間がかかる

なかでも複雑な料金体系には注意が必要です。

他ストレージサービスとのストレージ料金のみで比較すると、Amazon S3は最安値にはなっていますが、別途かかる費用も含めて全体像を図ることが必要です。

Amazon S3を利用する場合は、このような料金特性を踏まえた上で、スマートな活用を目指したいところです。

news   大量のコンテンツを安全に、低価格で管理するためのAmazonS3×アルフレスコ連携ソリューション 3 2

Alfresco最新情報

Alfrescoの導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Alfrescoについてもっと知りたい方は、こちらへ