by

【Alfresco DAY レポート2-5 コミュニケーション手段としてのAlfresco Outlook client (アルフレスコ アウトルック クライアント) 

2-5

2014年5月27日に、国内最大のAlfresco(アルフレスコ)サポーター交流の場であるAlfresco Dayが、リージャス汐留ビルディングにて開催されました。本記事では、Alfresco Dayの模様を数回にわけてご紹介します。

2回目のシリーズは、アルフレスコ・ジャパン株式会社 ソリューションエンジニア  青地 芳彦氏のプレゼンテーションです。

——————————————————————————————————-

「Alfresco Outlook client (アルフレスコ ・アウトルック ・クライアント)は、今日お話するなかで、目玉とも言うべき機能です。リリースは、間もなくです」

「AlfrescoのUIが、Microsoft Outlookに埋め込まれています。Outlookを開くだけでAlfrescoに格納されたコンテンツへアクセスすることができるのです。」

「主な機能は、次のようなものになります。実際にデモンストレーションを行いながら、それぞれの機能をご紹介します。」

- OutlookからのAlfrescoへのアクセス

- メールのアーカイブ

- Alfresco内の検索

- 検索結果のプレビュー

- Share pointからのメール送信

- メールに対するコンテンツの添付またはそのリンクの貼付け

- Share pointでのフィルタリングビュー

- ワークフローの起動、レビュー

「基本的なところでは、Alfrescoに格納されたドキュメントからメールを送ったり、ドキュメントのリンクを送ったりすることで、情報を伝えることができます。」

「メールのヘッダ情報をAlfresco側でメタ情報でとして取り込むので、日々増えていくメールもAlfrescoの強力な検索を使って探すことができます。」

「また、アーカイブされたメールはOutlook内ではリンクとして格納するので、メーラーの容量を圧迫しません。」

「Alfrescoのコンテンツ管理すべての動作が、Outlook内で完結するようになるイメージですね。メールとの親和性を持たせて、コミュニケーションの手段としてAlfrescoを使っていただけると思います。

リリースをお楽しみに。」