by

チームコラボレーションを成功に導く、Liferay と Alfresco 3-1

Aipo/Liferay最新情報

SUMMARY

  • LiferayAlfresco は、プロジェクト単位でコラボレーションする、新しい働き方を支援する
  • Liferay は、 オープンソースポータルでは世界市場シェア1位のフレームワーク
  • Alfrescoは、オープンソース分野では世界市場シェア1位のコンテンツ管理システム

 

組織を超えて、プロジェクトごとに連携する。チームコラボレーションを成功に導くOSS, Liferay (ライフレイ) と Alfresco (アルフレスコ) のセミナーの模様を、3回シリースでご紹介します。1回目は、チームコラボレーションが活発になった背景について考察します。

新しい働き方を応援する Liferay と Alfresco というオープンソース

今、働き方が大きく変わろうとしています。ワーク・シフトが始まっているのです。

まず、ネットがもたらした変革にひとつに、地球の裏側にいる人びととのやりとりが容易になったことが挙げられます。ビジネスの世界でも、グローバルで展開するプロジェクトや、企業や組織を超えたチームでコラボレーションしながら進めるプロジェクトが増えました。

また、業務のすべてを社内でまかなう企業も少なくなりました。業務によっては、スペシャリストにアウトソーシングするのが一般的になってきたのではないでしょうか。

さらに、異なる組織がより成長するために統合、合併するケースも頻繁に見かけるようになりました。

このような企業や組織単位ではなく、プロジェクト単位での新しい働き方、チームコラボレーションは、近年、急増しています。だからこそ、課題も山積みになっているのが現状です。

そういった課題に対するソリューションとなるのが、AlfrescoやLiferayといったオープンソースです。オープンソースは、組織も、国も、地域も超えて、チームスタッフのビジネスコミュニケーションを円滑に進めるための柔軟性に富んでいるからです。

news aipo liferay openam lism topics   チームコラボレーションを成功に導く、Liferay と Alfresco 3 1

Aipo/Liferay最新情報

Liferay は、 オープンソースポータルでは世界市場シェア1位のフレームワーク

チームでコラボレーションする際の課題を解決し、プロジェクトを成功に導くためのソフトウエアであるLiferayについて、その概要をご紹介します。

- 2000年誕生のオープンソースソフトウエア(OSS)

-Webシステムを構築するためのフレームワークおよびポートレット(機能部品)

-オープンソースポータルでは、Liferayが世界市場シェア1位

-さまざまなWebコンテンツをページに配置可能

-Webコンテンツごとに閲覧権限をつけられる

Liferayの創業者は、ブライアン・チャン(Brian Chan)氏です。

氏は、2000年にLiferay Portal(Liferayのエンタープライズ版Webプラットフォーム)を開発しただけでなく、さらにインターネット上でコラボレーションできるようにNPOへ提供を開始しました。

以来、Liferayをはじめ、革新的なOSSビジネスソリューションのリーダーとしてグローバルな舞台で活躍しています。

news aipo liferay openam lism topics   チームコラボレーションを成功に導く、Liferay と Alfresco 3 1

Aipo/Liferay最新情報

Alfrescoは、オープンソース分野では世界市場シェア1位のコンテンツ管理システム

Liferayに続き、Alfrescoの概要についてご紹介します。

-2005年誕生のオープンソースソフトウエア(OSS)

-オープンソースECM(コンテンツ管理システム)では、Alfrescoが世界市場シェア1位

-ドキュメントのバージョン管理

-オンラインプレビュー機能

-強力なワークフロー

-包括的な検索機能

Alfrescoの創業者は、ジョン・ニュートン(John Newton)氏です。

氏は、1990年代からDocumentun(文書管理プラットフォーム。現EMC Documentun)をはじめとしたコンテンツ管理システムの開発に携わり、今日、産業用で使われる多くのシステムを生み出してきました。チームコラボレーションを含めた新しいワークスタイルを支援するコンテンツ管理システムの第一人者といえるでしょう。

Liferay の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ