by

Alfresco機能紹介「案件管理機能」編

オープンソースの企業向けコンテンツ管理システム「Alfresco」の「案件管理機能」について紹介します。

Alfrescoとは

Alfrescoとはエンタープライズ向けコンテンツ管理システムです。世界中で数多くの導入実績があり、オープンソースECM分野で世界市場シェア1位を誇ります。

Alfrescoの概要についてはこちらも参照ください。

→Alfresco(アルフレスコ)とは

案件管理とは

概要

案件管理とは、特定の案件(保険給付手続、ローン申請など)の処理に関連するすべての業務プロセスを調整し、案件情報や進捗を適切に管理するものです。

案件管理システムを導入するメリット

案件管理システムを導入することで、多くのメリットを享受できます。

スケジュール(タスク)管理効果

案件を進める場合は、スケジュールを的確に管理して予定通りに案件を完了させることが重要です。

案件管理システムを導入すると対象案件の状況を可視化できるため、次に取るべきタスクと優先順位を組み立てやすくなります。

課題可視化によるトラブル防止効果

案件情報を可視化できることにより、課題に関して早期の発見につながります。

トラブルが拡大する前に対処が可能となることにより、トラブルの早期解消が可能となります。

PDCAサイクル推進効果

案件管理システムにより案件のPDCAサイクルを促進できます。

各種案件の成果や課題点は案件管理システムにデータとして蓄積されるため、それをベースとして、次の営業活動プロセスを改善できます。

また、データ蓄積によって、売上に関する見込みや実績の数値についてのデータ分析も容易になります。

案件情報共有効果

案件管理システムを利用して、部門内外問わずに全社レベルでリアルタイムに情報共有ができるようになるため、他部門との連携した活動なども実施しやすくなります。

Alfrescoの「案件管理機能」

Alfresco Digital Business Platformは、パワフルな案件管理機能を提供します。

案件に関係する「プロセス」「コンテンツ」「ガバナンス」を一括して管理できる統合的なアプローチにより、「案件処理効率化」「案件結果改善」「コンプライアンス強化」などの成果を実現します。

統合的アプローチ

Alfresco Digital Business Platformでは「組み込みプロセス」と「法令遵守機能」を活用できるため、案件を効率良く処理し、より良好な結果を得ることにつながります。
・メタデータへのタグ付け機能
・高度な案件情報検索機能
・プロセス自動化促進—承認プロセス、タスク割り当て、意思決定
・レコード管理による統制—監査証跡作成、透明性確保

モダンアーキテクチャによる動的案件管理

Alfrescoのモダンなアーキテクチャにより、最先端の革新的なクラウド技術を活用する柔軟な案件管理アプリケーションを迅速に構築できます。

案件管理ユースケース

Alfrescoの案件管理機能はさまざまな業界で採用されています。
・政府/行政—情報公開、社会/行政サービス
・保険業界—申請処理、保険業務、保険給付管理
・金融業界—ローン承認、不正調査
・医療業界—治療、アセスメント
・一般企業—従業員研修、ITサポート、カスタマーサポート など

最後に

ご紹介したように、Alfrescoを利用すると煩雑となりがちな案件管理について効率的に処理することが可能となります。

弊社にご連絡いただければ「ユーザー様のビジネス環境に最適な案件管理機能構築」なども含めたトータルサポートでのご提案も行えます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

もっと知りたい方へ

 

参考元サイト