by

Microsoft SharePointから、OSSのLiferayへの移行

vicent_20170224-2

今、Microsoft SharePointから他製品への移行を検討する企業が増えています

今、ライセンス費用の問題や、リプレース検討などの理由で、Microsoft SharePointから他のCMSやポータル製品への移行を検討する企業が増えています。
今回は、Microsoft SharePointから、オープンソースのポータル/CMSである「Liferay」への移行についてのセミナーを開催します。

Liferayとは

LiferayはWebシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。
ポータルを実現するためのフレームワーク、およびそのフレームワーク用に開発されたポートレット(機能部品)、及びポートレットの開発環境から構成されています。

LiferayはJavaで実装されており、JBoss、Apache Tomcat、WebSphereなど多くのアプリケーションサーバやWebコンテナ上で動作します。

Liferayの特徴

ユーザ/組織管理、Webページ管理、アクセスコントロールなど一般的にWebサイトで使われる多くの機能が標準で搭載されているほか、ドキュメント管理やカレンダー、ブログ、掲示板など、すぐに使えるポートレットが60以上用意されています。
さらに以下のような特長があります。

・iPhone、iPad、Androidなどのスマートデバイスなどに対応した画面レイアウトを自動的に表示する、「レスポンシブデザイン」に対応。
・iPhone、iPad、Androidなどのスマートデバイスから簡単にドキュメントにアクセスするための、専用のアプリを提供。
・ルールエンジンにより、ユーザ属性や検索キーワード、アクセス履歴にもとづき、ユーザに最適なコンテンツを表示する「パーソナライズ機能」を提供。
・様々な言語での情報発信が可能な「多言語対応」。

Microsoft SharePointからLiferayへの移行

本セミナーでは、Microsoft SharePointからLiferayへの移行について、その「機能比較」と「移行プロセス」の概要について解説します。

本セミナーの対象者

・本セミナーは概要レベルです。
・ユーザー企業の情報システム担当者を想定しています。

少人数セミナーのため、今すぐお申し込み下さい!
Microsoft SharePointから、OSSのLiferayへの移行

開催概要

【日時】 2017 年 02 月 24 日 (金) 15:00 ~ 16:45

【場所】 弊社 セミナールーム

【プログラム】
14:30~15:00 受付
15:00~16:00 Microsoft SharePointからLiferayへの移行
~機能比較と移行プロセス~
16:00~16:45 質疑応答、アンケート

主催

株式会社ヴィセント

(協力)株式会社オープンソース活用研究所
※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。
Microsoft SharePointから、OSSのLiferayへの移行