Alfresco最新情報

アイキャッチ

AWSで12億ドキュメントをも管理可能な、Alfresco最新バージョン5.1のご紹介(3)Alfresco5.1紹介(2/2)

はじめに 2016年5月17日に、『AWSで12億ドキュメントをも管理可能な、Alfresco最新バージョン5.1のご紹介』セミナーが行われました。 株式会社ヴィセント テクノロジー部 森様の講演『Alfrescoの概要と最新バージョン5.1のご紹介』について、全3回に分けて紹介していきます。 第3回目(最終回)となる...   続きを読む

アイキャッチ

AWSで12億ドキュメントをも管理可能な、Alfresco最新バージョン5.1のご紹介(2)Alfresco5.1紹介(1/2)

はじめに 2016年5月17日に、『AWSで12億ドキュメントをも管理可能な、Alfresco最新バージョン5.1のご紹介』セミナーが行われました。 株式会社ヴィセント テクノロジー部 森様の講演『Alfrescoの概要と最新バージョン5.1のご紹介』について、全3回に分けて紹介していきます。 第2回目となる今回は、『...   続きを読む

AWSで12億ドキュメントをも管理可能な、Alfresco最新バージョン5.1のご紹介(1)Alfresco概要

はじめに 2016年5月17日に、『AWSで12億ドキュメントをも管理可能な、Alfresco最新バージョン5.1のご紹介』セミナーが行われました。 株式会社ヴィセント テクノロジー部 森様の講演『Alfrescoの概要と最新バージョン5.1のご紹介』について、全3回に分けて紹介していきます。 第1回目となる今回は、『...   続きを読む

Alfresco最新情報

情報漏えいソリューション、高速ビューアBravaの活用事例。

SUMMARY A社は、高速ビューアBrava(ブラバ)で、重要な技術情報を守りつつ、海外と情報共有している。 B社は、暗号化ツールと比較して、機能とコスト面でメリットがあるBravaを選択した。 C社は、自社システムに、わずか1ヶ月でBravaを導入した。 根本的な情報漏えい対策が求められているなか、情報漏えいソリュ...   続きを読む

Aipo/Liferay/OpenAM/LISM最新情報

次世代サービスIDaaS、FIDOで、企業の認証はどう変わる?

次世代サービスIDaaS、FIDOで、企業の認証はどう変わる?

SUMMARY IDaaSは、クラウド上でシングルサインオン、ID管理、アクセス制御をトータルで実現する仕組み FIDOは、個人情報をネットにさらすことなく認証を可能にする生体認証の仕様 現状では、オープンソースのOpenAMでシングルサインオンを実現し、LISMでID管理を自動化するのが最適 業務システムのクラウド化...   続きを読む

OpenAM/LISMトピック

シングルサインオンとID管理。総合認証ID管理の活用方法

SUMMARY ID管理とシングルサインオンを総称して、総合認証ID管理という ビジネスの局面が変わると、総合認証ID管理システムが必要になる ECサイトの二大テーマ「会員数の増大」と「顧客満足の向上」のためには総合認証ID管理システムが欠かせない 複数の業務システムのID/パスワードを同期するID管理システムと、1回...   続きを読む

OpenAM/LISMトピック

IDライフサイクル管理を自動化し、ID情報の一元管理もできるオープンソースのID管理システムLISM(リズム)とは?

SUMMARY LISMは、Perlで開発された、シンプルで使いやすいID管理オープンソースソフトウエアである LISMのマスターデータを管理するだけでIDライフサイクル管理を自動化できる LISMは、複数のシステム内にLDAP、RDB、CSVといった異なる形式で保存されているID情報を一元管理できる シンプルな操作で...   続きを読む

OpenAM/LISMトピック

IDライフサイクル管理を自動化し、監査にも対応するID管理システムとは?

SUMMARY 手動による「ID管理」では、限界が来ている 監査や内部統制の側面からも、厳密な ID管理が求められている ID管理システムは、IDライフサイクル管理の自動化と内部統制の最適化が図ることができる システム管理者にとって、年々、増え続けるID/アカウントを一元的に管理するためのソリューションが、ID管理シス...   続きを読む